歯科で手術の経験がない方へ

歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたってどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。今では、どこで手術を受けても強い痛みを感じることはないと思ってください。
麻酔が効いたことを確認した上で手術するのが普通だからです。麻酔が切れた後で、腫れてきたり痛みが出てくるケースもありますが、化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。
喫煙が、インプラント治療の成否に及ぼす影響は小さくないと覚悟してください。
インプラント治療は数ヶ月かけるつもりで始めなければなりませんが、人工歯根の周りに組織が形成され、自分の歯のように安定することがその後の治療に関わる重要な問題です。
そのプロセスにおいて、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素、その他の物質は相当の妨げになります。インプラント治療の成功を願うなら、最低でも手術から治療終了までの間、禁煙あるのみです。歯科治療の一環として、インプラント治療も失敗のリスクはあります。インプラント治療から起こりうる問題として、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損など人工歯そのものの問題、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、手術に失敗してあごのラインが変わってしまったという審美的な問題が起こることもあります。
問題が起こるリスクを軽減するためにも、歯科医はともかく慎重に決めてください。長く根気のいるインプラント治療。しかし、やっと治療期間が終わったといっても、安堵するのはまだ早いのです。インプラントの状態を生涯にわたって保てるかどうかは、どうしても自分次第のところがあります。
口腔内ケアの仕方を病院で教えてもらえる筈ですので、必ず守るようにしてください。
自宅での手入れが歯の維持には何より大切です。
その上、インプラントは普通、神経を抜いた歯に施すわけですから、異常に気付くのも遅くなります。ですから、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。
歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。
義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、インプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば再度、大がかりな手術を行ってはじめの手術時より、大きく骨を削る羽目になります。
また、あごの骨を掘ってインプラントを埋入するため、周辺の神経を損傷する危険性もあります。人工歯としてのインプラントは虫歯になる可能性はゼロですが、歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります。
インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、歯周病を予防するために、毎日のセルフケアと定期検診はどこまでも続きます。
けれども、万が一歯茎が腫れたり、インプラントの周りで出血があったりすればインプラント周囲炎の症状かもしれません。さらに深いところまで感染する可能性もあるため早急に診察してもらわなければなりません。
インプラント治療の大きな問題は、他の歯科治療よりも費用がかかることでしょう。
保険適用外のケースが圧倒的多数で、全面的に自由診療になることが普通であるためインプラントを何本埋め込むのかや、どんな材料を選ぶかによって費用の差はかなりありますし、どの歯科医院を選ぶかによっても相当差が開きます。
加えて、治療後のメンテナンスにもお金がかかるということも覚えておきましょう。
一本のインプラントを入れるのに、どのくらいかかるのかと言われると、トータルで30万円から40万円と考えてください。
相場は地域によって異なります。
歯科医院の規模や、歯科医の評判も料金はずいぶん違ってきます。事前に見積もりを出してもらうことが必要で、複数のデータが得られればそれを比べ、最終的に歯科医院を決めるべきでしょう。
いろいろなデータの中でも重要なのはインプラント治療を受けた方からの評価です。多くの歯科医院では現金一括払いだけでなく分割払いができるところや、クレジットカードで支払えるところも増えています。
インプラントについて、簡単に説明すれば歯を抜いた、あるいは抜けた後で、人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に義歯をかぶせる人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。
ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので違和感が比較的少なく、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能です。インプラント治療を受けようとすると、全て自費なので治療費が高額になることは問題点です。
言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、お手入れを必要としないと思ったら大間違いです。
特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと歯周病を引き起こすこともあるのです。
残っている自分の歯と同じく、歯科医に指示されたブラシなどがあればそれも使い、まずは口腔内をきれいに保ってください。
異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。
一口にインプラント治療といっても、3ステップあると考えてください。
まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。
あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成というのが大まかなプロセスです。人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、あごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始からおおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。
重度の虫歯になってしまい、ついに歯を抜かなければならなくなりました。
ブリッジでもいいですよと言われましたが他の選択肢としてインプラントをすすめられて、自分の気持ちが固まりました。
費用も見積もりを出してもらい、全て自費ですが安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。
手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく虫歯だったもとの歯よりも、ずっと良好な使用感になってきたのでこれで良かったと実感しています。
インプラント埋入手術では、人工歯根を骨に埋め込み、定着させるのでほとんどの患者さんは、手術後、多少の違和感があるといいます。
数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので変な感じがしても、触ったり刺激するのは止めるようにここはぐっと我慢してください。
もし、十日以上経っても全くなじんでこない場合や、痛みの増大、腫れ、発熱などの症状がある場合は、原因がどこにあるのか探り、適切な対応をすることが必要です。
急患でも診療を受けることが必要です。
インプラントは、人工歯根、アバットメント、上部構造などいくつかのパーツを組み合わせて行います。全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により何種類かのタイプがあります。アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化しているものが1ピースタイプです。他に、アバットメントが人工歯根から分離している2ピース・インプラントがあります。
この2ピースタイプはさらに、人工歯根にアバットメントを接続する部位の形で、凸面(エクスターナル)タイプと、凹面(インターナル)タイプという二つの形式に分かれますが、インターナルタイプの方が最近はメジャーになっています。これからインプラント治療を受ける方にとって重要なのは、どのようにして歯科医と歯科医院を決めるかです。この治療には、専門的な判断と技術を要することがあるため成功例ができるだけ多い、経験を積んできた歯科医にかかることが望ましいのです。それだけでなく、費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、感染症予防策をはっきり示している、歯やあごの現状、治療についていつでもきちんと説明してくれるなどが歯科医を決めるためには重要なことです。
インプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、あごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。これまでに歯周病とか顎関節症の経験があれば、治療以前にそちらの病気を完全に治すのがとても大事です。美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にも治療にかなりの危険が伴います。
最新の技術を用いれば、これらの病歴だけで絶対治療できないとは言えません。不安がなくなるよう歯科医に相談してください。手術では他の歯に触れていなくても、インプラントをした後、自分の歯がうずく反応もよくあります。
手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして付近の歯の神経も刺激を受け、反応したためでインプラントが落ち着けば、その反応も静まることが圧倒的に多いです。
しかし、他の原因から生じることもあるので、違和感がおさまらないときは間を置かず歯科医の診療を受けることが治療を成功させるために必要です。
完全に歯がなくなってしまった部位にも使えるインプラント。しかし、この治療法も決して万能ではなく、制約もあるので覚えておきましょう。それは何より、インプラント治療を受けることができないケースもあるということです。これは重要な事実です。
インプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。抵抗力を弱める病気、例えば糖尿病や心臓の病気に罹患している方や、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、インプラントの利用が不可能と診断される場合があることに留意してください。
普通、インプラント治療の全部が自費治療なので、高額の費用を一度に用意できない方もずいぶん見受けます。
そのような実態を踏まえ、クレジットカード払いができるところや、デンタルローンなどの名前をつけて独自の分割払いを取り入れた融通の利く歯科医院が多くなりました。
手持ちの資金が十分でなくても、治療を始めることはできるケースが増えました。インプラント治療を始める前に、費用を調べておきましょう。
この治療は治療全体を通して、相当な出費になります。
場合によっては、保険診療にもできるようですが、その条件はとても厳しいのです。自費診療として始めるしかないのが高額の負担を避けられない理由です。
インプラントの材質などを選び、極力安くしても十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとすると費用が数倍にもなる可能性があることをくれぐれも忘れないでください。