ドラフト2020の指名はどうなる?

今回はドラフト2020についてです。
毎年ですが、どの球団が誰を指名するのかすごく楽しみですよね。
特に一位指名選手の活躍は球団にとって、今後5~10年先のチーム戦力を占ううえで非常に大事な要素となってきますので、責任重大です。
そんなドラフト一位候補ですが、2020年のドラフトではどうなるのか勝手の予想します。
なお、この予想では下記のサイトを参考にしています。
https://draft-meikan.com/draft2020_expectation/
まずはセリーグのドラフト2020予想からです。
巨人:佐藤輝明
横浜:高橋宏斗
阪神:佐藤輝明
広島:佐藤輝明
中日:高橋宏斗
ヤクルト:早川隆久
こんな感じです。
やはり佐藤は人気です。
巨人は先日に佐藤有力という報道が出ましたね。
阪神は外野手が補強ポイントですが、獲得している選手が近本以外に結果を残せていないので、外野に行かざる得ないでしょう。
広島は鈴木誠也が抜けることを想定し、後釜を早急に準備したいところです。
続いて高橋。
志望届を提出するかは未定ですが、届け出を出した想定です。
その際は、横浜と中日の指名となるでしょう。
横浜は全体的に打撃陣は揃っています。
投手陣は先発・リリーフともに若干手薄感があります。
特に右の先発は手薄ですので、将来のエース候補が欲しいところです。
また、中日は地元志向が強いので、高橋以外に選択肢はないでしょう。
続いて早川です。
ヤクルトは投手陣が手薄で、特に左腕が欲しいところでしょう。
補強ポイントに合致した即戦力の早川の指名の可能性が高そうです。
続いてパリーグ。
西武:早川隆久
ホークス:山下舜平大
楽天:高橋宏斗
ロッテ:早川隆久
日本ハム:山下舜平大
オリックス:中森俊介
まずは早川。
西武は投手陣不足で左腕不足なので早川でしょう。
ロッテは早川がロッテファンであることや地元出身であることで指名に踏み切りそうです。
続いて山下。
ホークスは現時点でどのポジションも揃っているので、長期的視点で素材型の山下に行くでしょう。
日本ハムは「その年一番いい選手」がモットーなので、抜群の将来性を持った山下でしょう。
続いて高橋。
楽天はチームの軸になれるという非常に高い評価をしており、そろそろ則本に続くエースを育てていく時期です。
オリックスについては高校生指名方針が昨年から出ています。
それでも今のチーム状態からの脱却が必要でしょうから、高校生でも早く一軍で活躍できそうな中森を指名するでしょう。
以上。
佐藤・・・3球団
早川・・・3球団
高橋・・・3球団
山下・・・2球団
中森・・・1球団
といった具合です。
予想は当たるでしょうか?
ドラフト当日を楽しみにしましょう!